第40回 帝王賞(JpnI)



a0204724_10390798.jpg

2017.6.28 第40回 帝王賞(JpnI)
Canon EOS 7D Mark II + EF500mm F4L IS USM












a0204724_10390639.jpg

2017.6.28 第40回 帝王賞(JpnI) 3着:アウォーディー 鞍上:武豊
Canon EOS 7D Mark II + EF500mm F4L IS USM











あわや落馬という状態から立て直して直線一気の差しきり勝ち。
もう見事という他なく、ケイティブレイブと福永騎手に脱帽という感じ。



a0204724_10390718.jpg

2017.6.28 第40回 帝王賞(JpnI)
Canon EOS 7D Mark II + EF500mm F4L IS USM










a0204724_10390779.jpg

2017.6.28 第40回 帝王賞(JpnI)
Canon EOS 7D Mark II + EF500mm F4L IS USM















撮影裏話(一年後の再挑戦のために記す)

光の玉を持たずゾーマに挑み、返り討ちにあってから一年。
今年も懲りずに4角撮影に挑みましたが、再び返り討ちにあいました^^;;

大井の4角はナイターでは暗くてメチャクチャ厳しく、難易度が高いのは去年の撮影で思い知りましたが・・
どうしてもここからの撮影にこだわってみたい自分がいました。

光の玉=ゴーヨン  と勘違いした訳ではなく、撮影者の技術が大きな割合を占めるのも分かっていました。
結果から言えば、一年経っても全然進歩してなかったてことでしょう(苦笑)
ただ、ゴーヨンを使えば画角的には自分の理想に近くなるのはわかりました。やはり自分にとっては使いやすい焦点距離です。

勝ち馬が撮れた撮れないは4角撮影をしている時点でそんなに拘っていないので、
狙い撃ちした馬=アウォーディーがちゃんと撮れていたかどうかが重要・・
なのですが、またしてもモヤっと感を残した感じです。。
アウォーディーとクリソライトの位置が逆だったらもっとバランスよかったんですけどね。。こればかりは運しかないです。

もっと技術が欲しいですね。。

あと具体的なことを書くと、7D2のAF性能ではF4のレンズでこの暗さは結構厳しいかもです。。サンニッパより追従性はかなり落ちます。
連写も体感ではかなり落ちています。AIサーボはバランスにしてます。ピント重視にすればもっと落ちるでしょう。
今回もいい感じに決まったと思ったカットが全部ピンが来てなかったです・・ これがかなりショック。。
あとはピン抜けすることも多く、このあたりは暗くて厳しいからなのか腕の問題なのか・・

SS1/640 ISO8000 で開放でもかなり厳しく、現像時に増感しないと暗いです。これ以上はISO感度を上げたくないので。。
SSもこれ以上落とすと止まらなくなるので。。ほぼ限界値。 

こんなに感度上げてまでこんな厳しいところで撮る必要あるのかどうかは個々の問題ではありますが、個人的には 高画質<構図 という感じ。
もちろん構図が良ければ低画質でも良いって訳じゃないです。出来る限り高画質で。でも高画質を優先させるために撮りたくもない場所から
無理に撮ることはないということだと思います。とはいえ出来るだけ画質は良いに越したことはないのですが・・

7D3に期待してます、キヤノンさん!(しつこい)




[PR]
 by Sunny×Sunny(さにさに) | by brian_h | 2017-06-29 20:52 | GI/JpnI/SI
<< 若い力 第21回 スパーキング... 芦ノ湖特別 >>