EOS M5 で撮る競馬

a0204724_11511851.jpg









昨年の11月に発売したEOS M5。
前々から気になっていましたが、ついに競馬で使う機会がありました。
実はこれ自前のカメラじゃありません。昨年末からキヤノンフォトサークルの会員になったのですが、
そこでモニターを募集しているのを発見、応募してみたら運良く当選しました。

タイトルにもありますが、もう少し付け加えるなら、“キヤノンのミラーレス機で望遠レンズを付けて競馬が撮れるのかどうか”
ということに興味がありました。
キヤノンのミラーレス機はお世辞にも動き物に強いとは言い難く、他社と比べてしまうと色々と残念なところが多いのも事実。
現在使用中のEOS M2は何度も競馬で使ってきましたが、ほぼすべて広角限定での使用。
AFはワンショットのみで、サーボAFは使ったことがありません。

M5は7D MarkIIと同じデュアルピクセルCMOS AFを搭載したので、今までのMのAFと比べるとかなり速くなっているはず。。
フツーに撮れるんじゃね?的なノリでかなり楽観的に撮ってみたのですが・・

まぁ、百聞は一見にしかず、ということで早速作例をご覧いただきます。

カメラの設定は マニュアル露出 SS:1/1000秒 絞り:F4 ISO:100 AF:サーボ(コンティニュアス)AF



a0204724_11521148.jpg

a0204724_11521463.jpg

a0204724_11521637.jpg

a0204724_11522052.jpg

a0204724_11522192.jpg

a0204724_11522480.jpg

a0204724_11522764.jpg

すべて Canon EOS M5 + Mount Adapter EF-EOS M + EF300mm F2.8L IS USM



作例は先日のフェブラリーステークス当日だったのでゴール前は場所がなく混んでいましたので、
府中の直線でサンニッパ素の使用で最もヌケのいい場所で撮影することに。(外ラチが少し高くて撮りにくいのが難点ですが)

ご覧いただくとすぐに分かると思いますが、途中、突然ピントが後ろに抜けてしまっています。
これは普段使っているデジイチではほぼありえないこと。
たまに事故でこうなることはあっても、ガッチリと捉えていた被写体をこんなに簡単に逃すことはないといってもいいです。
背景がヌケが良いからってピントまで抜けなくてもいいのに(汗)

ただ、ピン抜けしてから次のカットですぐに復帰するんですよね。ピンは全然きてませんが。。
まぁでも全体的にピントが甘いですし、デジイチでの撮影だったら完全に落ち込むような出来、というかほぼボツカットです。
しかも保険で一段絞った状態だったのに・・






a0204724_11511743.jpg

Canon EOS M5 + Mount Adapter EF-EOS M + EF300mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II




実はM5を試したのはこの日が最初ではなく、共同通信杯の日も撮影していました。
この返し馬を含めてレースも撮ったのですが、レースについては上に載せたサンニッパ素のものと大してかわらないので割愛。
正直言って、返し馬に関しても満足いくものは撮れませんでした。

撮ってみてわかったことは、M5のサーボAFは近づいてくる被写体に滅法弱いということ。
ある程度の大きさなら捉えられるんですが、被写体が画面に占める割合が多くなればなるほど難しくなるというか。

横移動であれば捉え続けてくれるかもしれませんが、向かってくる被写体に関しては実用レベルではないといわざるを得ません。
以前、使っていた動体撮影があまり得意ではないペンタックスのデジイチよりも信頼性に欠けます。当然といえば当然かもですが。

ただ、意外だったのが上のレースの画像の最後の方、馬が遠ざかっていくものに関しては、驚くほどといっては何だけど、普通に追従する^^;
これに関しては、もしかしたらデジイチよりも得意かもしれないです。








a0204724_11511769.jpg

Canon EOS M5 + Mount Adapter EF-EOS M + EF300mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II



後はEVFの見え方についても気になる点があります。
連写中はパラパラ漫画のような感じになってしまい、慣れないと動いているものが追い辛い。。
これがOVFにはない、コマ遅れというやつなんでしょうか。確かにブラックアウトしている時間はほぼないですが、
過去の画像が見えている時点で、今現在の被写体が見えていないわけで・・実質ブラックアウトしている状態といってもいいかも。
慣れないと動体を追うのは難しいかもしれないですね。

このあたりはオリンパスのE-M1 MarkIIのEVFは本当に素晴らしかったです。
ソニーのα6500もE-M1 MarkIIほどではないですが、よく出来ているという感じ。
両機ともCP+で体感できる機会があり試してきました。その模様については後日別記事にて。


※ M5についてはおもに動体撮影についての感想で、全体の良し悪しの話ではありません。
  またここに書いたことは個人的な感想であることをご了承ください。




[PR]
 by Sunny×Sunny(さにさに) | by brian_h | 2017-02-27 20:36 | 競馬撮影の話
<< ニューヒロイン誕生  第63回... 世界への切符 ヒヤシンスステー... >>