古豪連覇 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)


a0204724_23242373.jpg

2016.9.15 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII) 2着:ソルテ 鞍上:吉原 寛人
Canon EOS-1D X+ EF300mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II







a0204724_23242302.jpg

2016.9.15 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII) 優勝:レーザーバレット 鞍上:戸崎圭太
Canon EOS-1D X+ EF300mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II





4月以来久しぶりに浦和競馬に行くことが出来ました。
約5ヶ月ぶり、今年6回目の浦和競馬でした。なんか浦和に嵌ってるのかもっていう年になってます。
思えば昨年のこのレースを撮ったのが初浦和競馬でした。一年が経つのってホントに早いですね。。

今日はお目当ての馬が出走ということで密かに狙いを定めていた一戦でした。
何があってもソルテ狙い撃ちだったので勝ち馬はたまたま写った一枚しかないです(笑)

新しい道具で競馬を撮ったのでざっと感想を。手に入れたのは値がこなれてきたEOS-1D Xでした。
MarkIIもいこうと思えばいけましたが、他にも気になるものがあったのでセーブして初代を選びました。
今日3レース撮ってみた感じでは素晴らしいAF精度ですね。今までフラッグシップは使ったことがなかったですが
さすがという印象。7D2も優秀ですがさらに上をいく精度です。



a0204724_23440049.jpg

2016.9.15 サファイア特別 C1(三) 優勝:ミュール 鞍上:張田昂
Canon EOS-1D X+ EF300mm F2.8L IS USM



もちろんサンニッパ素でも撮ってみました。いつも7D2で撮っていてフルサイズの300mmなら浦和は嵌るかもと思っていました。
結論から言うとちょっと角度不足。 もうちょっと馬体に角度がついてくれたほうが好みです。
ということでメインレースでは1.4倍をつけましたが、テレコン付けても7D2でサンニッパ素の状態よりも食いつきがいいです。
ただ、好みの角度を簡単に得られるのは7D2なので1D Xとは場面ごとに使い分けることになりそうです。レンズをヨンニッパ以上にすれば
いいことかもしれませんが、肩こり持ちで重い機材を使うと日常生活に支障をきたしそうなので無理かなと。。
今回1D Xを導入するときもヨンニッパとどちらにするか悩みましたが、7D2でヨンニッパだと府中専門になりそうだったので。。
最近は競馬以外のスポーツを撮ることも増えてきたので熟慮の末1D Xになりました。 

個人的にはフルサイズはAPS-Cからのステップアップなどとは全く思っていなく、被写体や撮影方法によって使い分けようと思っています。
適材適所ですね。フルサイズに期待しているのはボケ味と高感度性能くらいでしょうか。画質がAPS-Cと比べて特別いいとも思っていません。
とはいえAPS-Cでは撮れない世界を今は楽しみにしています。


[PR]
 by Sunny×Sunny(さにさに) | by brian_h | 2016-09-16 00:25 | GIII/JpnIII/SIII
<< 東レ パン・パシフィックオープ... Japan Women'... >>