休み明け撮影の難しさ ~鼓鞍乃夏~ vol.2


約2ヶ月ぶりの競馬場、6月の帝王賞以来の競馬撮影でどうなるかと思い撮った1R目。

a0204724_09540802.jpg

2015.8.23 2歳未勝利 優勝:ゼットフーリ  鞍上:松山弘平
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM



心配をよそに意外とあっさりと勝ち馬を捉えられてしまったので気が抜けてしまったのか・・











a0204724_09540851.jpg

2015.8.23 3歳未勝利 優勝:メイショウミツボシ  鞍上:藤岡佑介
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II









a0204724_09540966.jpg

2015.8.23 メイクデビュー 優勝:オーヴィレール  鞍上:松若風馬
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM


このあたりまでは感覚が戻ることもなく、なんとなく体が反応してくれていたのだが・・







a0204724_09540986.jpg

2015.8.23 メイクデビュー 優勝:ペプチドサプル  鞍上:藤岡佑介
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM


メイクデビュー2発目辺りから急に“自我”が目覚め始めて・・ 余計な動きを加えるようになったらしく・・画面が傾き始め・・







a0204724_09540905.jpg

2015.8.23 西部スポニチ賞 優勝:トーセンビクトリー  鞍上:武豊
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM




完全に”自我”が目覚めると制御不能に・・ 何故こんなに傾いたかも頭では分かっている。
競馬の直線はそのまままっすぐに撮ろうとすると進行方向に向けて大体頭側が落ちたように傾いて見えることがある。
これを防ぐためにはある程度カメラを傾けて撮影する必要があるのだが、そのサジ加減がなかなか難しい。

無意識に撮っていた午前中のレースでは体が覚えていたのか概ねそれが”補正”されていたが、撮影の感覚が徐々に戻り、
自分で撮ろうと思ってくると余計な動きをしてしまうようだ。




a0204724_09540860.jpg

2015.8.23 テレビ西日本賞北九州記念(GIII) 優勝:ベルカント  鞍上:武豊
Canon EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS USM



メインレースに関しては完全に引き付けすぎで撮るのが遅れた失敗写真に近いが、機材のおかげで何とか写っていて本当に良かった。
とは言ってもこれも頭で考えすぎたことによる失敗。。もっと無意識に体が反応するくらいの自然体で撮れる日は一体いつ訪れるのだろうか。
やはり理想は毎週のようにレースを撮影することだろうか。そうすれば何も考えなくても体が勝手に反応してくれそうだけど。。
プロでもない限り難しいことではあるが(苦笑)
自転車も2ヶ月乗らなければ乗れなくなることはなくとも100パーセントの力を発揮するのは難しいですからね。。

そんなことを思った鼓鞍乃夏だった。


つづく。


[PR]
 by Sunny×Sunny(さにさに) | by brian_h | 2015-09-01 19:00 | 競馬撮影の話
<< MIX ~鼓鞍乃夏~ fin 過ぎゆく夏を惜しんで ~鼓鞍乃... >>